エックスサーバーで運営しているワードプレスをSSL化する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SSL化という言葉を聞いた事がありますか?

SSL化とは暗号化通信の一つで外部からのデータ改ざんや盗聴を防ぐ事ができます。

WordPressで運営しているブログでは関係ないと思い無視している人も多いと思いますが、SEO的にSSL化は必須です。

そこで、今回はエックスサーバーにおいてSSL化を有効にする方法をまとめてみました。

①SSL設定をする

ステップ①

エックスサーバーのサーバーパネルを開き「SSL設定」をクリックしてください。

 

ステップ②

取得済みのドメインが一覧で表示されるので、SSL化したいドメインの横にあるある「選択する」をクリックしてください。

 

ステップ③

画面上部にあるタブを「独自SSL設定追加」にして、何も触らずに「確認画面へ進む」をクリックしてください。

次の確認画面では「追加する」をクリックしてください。

独自SSLが使用できるまでは約1時間かかります。

「SSL設定一覧」タブで状況を確認する事ができますので設定完了まで待機してください。

 

②WordPressの設定をする

WordPressの管理画面を開き左のサイドバーから「設定」→「一般」を開きます。

赤枠で囲んでいる「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)を書き換えます。

書き換える部分:「http://〇〇.com」→「https://〇〇.com」

両方とも書き換えたら画面下部にある青いボタン「変更を保存」をクリックしてください。

 

③.htaccess編集

難しい単語が出てきましたが、画面通りに操作すれば問題ないのでご安心ください。

 

ステップ①

エックスサーバーのサーバーパネルを開き「.htaccess編集」をクリックしてください。

 

ステップ②

取得済みのドメインが一覧で表示されるので、SSL化したいドメインの横にあるある「選択する」をクリックしてください。

 

ステップ③

画面上部にあるタブを「.htaccess編集」にしてください。

 

ステップ④

編集画面の一番先頭に以下のコードをコピー&ペーストしてください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

以上で設定完了です。

たった、これだけでSSL化は完了してしまいます。

SSL化はSEO対策で必ず必要になってきます。

エックスサーバーの場合はお金も掛からないので、エックスサーバーでWordPressを運営されている人は面倒でも今すぐに実施してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*